== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

マリー・アントワネットの。。。♪

P1110811(S 640)copy

明日、出張で8日(金)から日本に行っていたオットが戻ってきます。

引越し後の片付け、一応あとは地下室を残すのみになりました

来週からスタートする予定の、5月の長期ヨーロッパ出張旅行の記事も、どこで何をしたか等を現在(← ようやく)整理中です。

マリー・アントワネットの可愛いお人形オーナメントをご覧になりながら、もうしばらくお待ちくださいませね


旅行に関する記事を楽しみにして下さっている方、あるいはこのアントワネット人形を「可愛い♪」と思って下さる方がいらっしゃいましたら、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!


スポンサーサイト

┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 21:11:58 ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

5月29日(火) ロンドン滞在3日目

こんにちは。
日曜日の夕方からロンドンに来ております。

ホテルでのインターネット接続は無料&快適なのですが、今回私たちのロンドン滞在が短いためほぼ一日中外出しており、なかなかログインする時間がとれません

昨日は「ウォレス・コレクション」を観に行ってまいりました。
イヤホンガイドなしでも4時間くらいウロウロして、お写真をたくさん撮ったり細部を観察したりしていました。

お写真はカナダ帰国後にアップする予定ですので、今しばらくお待ちくださいませね。

それにしても、こんな素敵な場所(&他の国立系美術館&博物館?)に無料でいつでも行けるなんて、英国の人は幸せですね♪。


ただ、やはり外食がイマイチかも・・・。
フランスやベルギーに比べて、「お手頃かつ美味しい」「食べて嬉しい」「食べるのが楽しみ」という度合が断然低いです~

ホテルの朝食はイングリッシュ・ブレックファストなのですが、ドイツのホテルの朝食の方が何倍もおいしかったです・・・。
(フランスやベルギーの食事とイギリスを比較するのは気の毒なので、ドイツと比較してみました)

ソーセージをドイツと比べてはいけないかもしれませんが、それにしても、パックに入ったヨーグルトもイマイチっていうのはかなりかも???

ボンのホテルの朝食はスクランブルエッグも抜群においしかったのですよ~。

食いしん坊の私としては、食事に楽しみが見いだせないのはかなり悲しいです

ま、それはさておき、ロンドンはダイヤモンド・ジュビリー祝福ムードでいっぱいですヨ~。

P1110725(S 640)
街中にはユニオンジャックがあちこちに翻っていました。


明日はロンドンから南へ列車で(おそらく)約1時間程度のところにある「ブライトン」というリゾート地へ行ってまいります!

といいましても、別に遊びに行くわけではなく、これも仕事関係なのですが。。。

そして、明後日はいよいよカナダへ。
街並みの美しいヨーロッパを去るのは寂しいデス~。


ブログの更新を楽しみにして下さっている方がいらっしゃいましたら、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!

┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 14:43:15 ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

5月27日(日) ロンドンへ移動します♪

こんにちは。

本日はお昼の列車でブリュッセルからロンドンへ移動いたします。

ロンドンは今回の長期海外出張の最終地。
5月31日にヒースロー空港からカナダへ戻ります。

ああ。。。いよいよヨーロッパの旅の終盤かと思うと、何だか寂しいような・・・。

創業100年以上の老舗レストランがゴロゴロしているブリュッセルなどで毎晩外食をしておりますと、チェーン店ばかりで個人のレストランを見つけることすら難しいカナダには戻りたくないわ~と、ついつい思ってしまう今日この頃

ヨーロッパに住んでいらっしゃる日本人の方は日本のケーキやお菓子の方がもっとおいしいと思っていらっしゃるでしょうけれど、北米のそれと比較しますとヨーロッパのお菓子やケーキ類は断然おいしいのです。

まず、歯が痛くなるほど甘くありません(ちゃんと原材料の風味を感じることができます)。
量・大きさもそこそこで、日本人には食べやすいサイズです。
また、ケーキの見た目もおいしそうです(あり得ない色のアイシングまみれではありませんし、「美への追及」が感じられます)。
そして何より、作っているお店や職人さんに「誇り」と「こだわり」があります。

これらが、「質より量」の北米との大きな、そして決定的な違いですよね。
(ヨーロッパの人は北米の人に比べて、スレンダーな人の割合が圧倒的に多いです。絶対に食生活が関係あるはずです)

これらの差は、別に食べ物だけでなく、建築物やインテリアなど身の回りのものにも言えることです。


来週半ばの帰国まで、めいっぱいヨーロッパの「美」と「味」、そして「誇り」と「こだわり」を感じてカナダに戻りたいと思います


ブログの更新を楽しみにして下さっている方がいらっしゃいましたら、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!




┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:2 ━ 08:17:26 ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

5月25日(金) ブリュッセル滞在6日目 ~ ついに・・・! ~

おそらく時間がなくて書いていないと思うのですが、今回のパリ滞在中、モンマルトルへ行く際には生地屋さんでカルトナージュ用の記事を是非買ってこよう♪ と思いつつ、結局生地屋さんに立ち寄る時間がないまま戻ってきたという経緯がありました。

モンマルトルは3回くらい地下鉄を乗り換え、さらに歩いて行かなければならないところですし、優先順位として上位に入れていなかったので、特に後悔していたわけではありません。

ところが今日、アパルトマンから徒歩5分強くらいのところにある「ヨーロッパで最もおいしいとも言われているラーメン屋さん」の開店時間を確認しに行く道すがら(←普段カナダでは自分で作る以外にマトモなラーメンは食べられないので)、ウエディングドレスやドレス用のレースからインテリアファブリックなども含め、たくさんの生地を置いている生地屋さんがあることに気づきました!

思わず足を踏み入れ、じっくり品定め・・・。

色が既にうちにあるソファやクッションの生地の色と合わないので買うことはしませんでしたが素敵なインテリアファブリックがいろいろありました

これだからヨーロッパは好きです♪。
(カナダでは素敵なインテリアファブリックを専門に扱っている生地屋さんなんて、見たこともありません~)

日本でも売られているフランス製のトワル生地などもありましたヨ。
通常はネットショップで購入するしかありませんので、今回実際に生地を見る機会ができて嬉しかったです♪。

ベージュ地に水色バージョン&ベージュ地に茶色バージョンの、2種類のとても素敵な柄のクッションもありました。
ただ、お値段が結構・・・だったことと、我が家のインテリアにはちょっと合わないかしら?と思いましたので、我慢我慢。

でも、もう少しお手頃価格でしたら、ショップ用として是非買い付けたかったです・・・。
シンプルな色合いでしたが、トワルのような柄の織り?がとっても素敵だったんです。
トワル生地は人物のお顔がイマイチのものもありますが、このクッションは合格点でしたし。。。
ああ、残念。

そうこうしているうちに、ある生地に私の心が奪われてしまいました~

それがこちらです↓。
P1110257(S 640)copy
シックな色合い、エレガントな柄ゆき、そして、プリントではないトワル柄・・・。

裏面も一緒に写してみました↓。
P1110259(S 640)

実はワタクシ、ペッタリとしたプリントの生地よりも、ジャカード織やゴブラン等で柄が表現されている生地(インテリアファブリック系?)の方が、立体感とニュアンスが感じられて好きなのです~

この生地は、カルトナージュにも悪くないかもしれませんが、むしろクッションやティーコージー、テーブルランナーなどにしたら素敵な気がいたします

幅が2.8mもある生地ですし、プリント生地ではないしっかりしたインテリアファブリックですので、最初5mを考えていましたが考え直して3mに。
それでもかなりの重さになってしまいました~

カナダでは、アンティークも含めてあまりにも私好みのインテリア関係のものに出会えませんので、ヨーロッパ滞在中にかなり反動が出ております。

このようなことになることを見越して、最初からスーツケースはお土産用?に梱包資材だけ入れたものを1個余分に持ってきているのですが(2人でスーツケース3個)、最悪の場合、さらに1個買い足すことになるかも???!

ああ、帰りのフライトの重量制限がコワい。。。(← 自業自得)


本日ご紹介した生地を「素敵♪」と思って下さった方がいらっしゃいましたら、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!

┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 14:03:49 ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

5月24日(木) ブリュッセル5日目♪

こんにちは。

こちらはすっかり暖かくなりました(少なくともブリュッセルは)。

5月前半は雨が降ったり雹が降ったりして、オランダのマーストリヒトなどではかなり寒い思いをいたしましたが(最初に入ったパリも特に最初は結構寒かったです)、ブリュッセルでは夕立などが降るものの気温は高く、最高気温が27℃くらいになることもしばしばです。

夏物は旅先で変えるけれど冬物は自分用にしっかり備えて行った方が良いと判断し、私は防寒用は結構しっかり持ってきたのですが、七分袖のトップスは1枚しかなく、あとはすべて長袖・・・。

正直言って、暑い です

滞在中のアパルトマンのすぐ近くにある「ローラ・アシュレイ」でちょうどセール中でしたので、半袖1枚と七分袖1枚、購入してしまいました。


さて、ブリュッセルでは今回、「カカオ・チョコレート博物館」や「衣装・レース美術館」といったマイナーで小さなものを除くと、特に美術館や博物館には敢えて行っておりません。

のんび~り気ままな散策を楽しんでおります。

といいますのも、基本的な博物館や美術館にはすでに過去に足を運んでおり、しかも私は博物館の類に足を踏み入れますと寝食を忘れる勢いで非常~にじっくり長々~と観てしまい、疲労困憊になってしまいますので

今回は長期の旅ですし、無理をし過ぎないように、でも自分のしたいこと、観たいものを大切にしつつ、日々生活しております。


昨日ものんびりモードで、前述したようにローラ・アシュレイで今の季節に合うトップスを2枚購入した後は、ブラブラとプチ・サブロン広場へ。

そして、そのそばにある「ノートルダム・デュ・サブロン教会」へ立ち寄りました。
起源は14世紀に遡ります。
P1110221(S 640)
ちなみに、このお写真はプチ・サブロン広場から撮影しておりますので、手前に広場のお庭が写っています。

内部のステンドグラスも美しいですヨ。
P1110230(S 640)


数年前にブリュッセルに来た際、帰国日の前日にリーズナブルなバカラのシャンパングラス6客に出会ってしまい、散々迷った挙句、梱包資材調達の関係で泣く泣く諦めたアンティークガラスの専門店・・・。

正確な場所は覚えていなかったものの、もう一度行きたいと思っておりましたが、今回大して探しもしないうちに偶然発見!
P1110239(S 640)
扉は閉まっており、中には誰の姿も見えないのですが、「開店」というフランス語が確認できましたので、おそるおそるドアに手を伸ばしてみました。

ドアにはチェーンがかかっていて、開けた瞬間アラーム音が・・・!!!
すると奥から小型のワンコがワンワンワンワン!とすごい勢いで吠えながらドアに向かって飛び出してきました

その後から年配のお店のマダムが登場し、無事お店の中へ。

ここのオーナーのマダムはそれほど愛想の良い方ではないと思うのですが(前回実感)、動物大好きな私が先ほど突進してきたマダムの愛犬をナデナデし、ワンコも私にすぐなついたのに気分がほぐれたのか、今回は終始感じが良かったです

私好みのバカラやサンルイはありませんでしたが、リボンとバスケットのエッチングが施された4客のクープ型のシャンパングラスに目が留まりました。

1客にスクラッチのようなものが、もう1客のステムの底に小さなチップがありましたので、それについて訊いてみたところ、マダム曰く「19世紀のハンドメイドだからコンディションが完全なものはない」。
「4客買ったらお勉強していただけますか?」と聞いてみましたが、「ディスカウントはできないの」とすげないお返事

「これから犬の散歩に行きたいの」と愛犬に首輪と綱をつけて、すでにマダムはお散歩モード。
(まだ営業時間なのに~? お客がいるのに~???

迷いましたが、デザートや前菜を盛っても素敵だと思いましたので、結局(マダムの思惑通り?!)4客買い付けました。

帰宅後ブログ用にお写真を撮ろうと思っていたのですが、そのままの勢いで(カナダから持参した梱包資材で)梱包してしまいましたので、帰国後の商品アップまでお待ちくださいませ。。。

マダムは私がお店をでたらすぐにお店を閉め、愛犬と共にお散歩に行ってしまいました。


さて、私はその後、アンティークショップが周囲に多いと言われている「グラン・サブロン広場」へ向かって歩いておりましたが、偶然広場のすぐそばの通りで「アンティークセンター」の看板に遭遇!

えっ、こんなところにアンティークセンターがあったの???!とビックリ。(前回来た時には全然気づきませんでした)
P1110244(S 640)
沢山のディーラーが入っているようです。 
通りに面したところから奥へ入っていくので、矢印の看板がなければ気づかないところでした。

こんなのや↓、
P1110246(S 640)

こんなの↓が目につきましたが、
P1110247(S 640)

全体的にお値段は高めで、シルバーなどに限って言えばコンディションがイマイチ・・・(というより、お手入れがされていません)。

上記のお写真のような小物は少なく(そしてお値段は高い)、家具や絵画など大ぶりのものが目立ちました。
結局、気になるお品がなかったわけではありませんが、お値段的にもわざわざ人を呼んでショーケースから出してもらうほどでもなく、ウィンドーショッピングで終わりました♪。


帰国後のアンティークショップ再開を楽しみにして下さる方がいらっしゃいましたら、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!

┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 03:21:47 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。