== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== アンティークなひとりごと ==

今さらですが、おススメのシルバー磨き

こんにちは★。
ようやく土曜日から雪が止みました。
相変わらず気温は–20℃くらいですので積もっている雪は融けませんが(笑)、久しぶりに青空もしばらくのぞいて嬉しくなりました。

今週はもう少し気温が上がるようですので(–10℃~-5℃くらいの予想です)、私の住んでいる小さな小さな町の、小さな小さな図書館に久々に歩いて行ってこようかな~と考えております。
(学校の図書室くらいのスペースなのですが

さて、本日は今さらではありますが、銀製品を磨くのにおススメのお品をご紹介いたします。
とは言いましても、すでによく知られている製品ですし、皆様も普通に使っていらっしゃる方も多いかと思いますので、今さらここで敢えてご紹介するのもナンなのですが(^^;、とっても使いやすかったので。。。

私が持っているシルバー磨きは、銀製品磨きで最も有名らしい(?)「Hagarty(ハガティ社)」のものです(1895年に設立)。
一言で「ハガティ社の銀磨き」と言いましても実はいろいろな種類のものがありますが、私が今回おススメするのはこちらです↓。

「ハガティ・シルバーフォーム」(150ml 1,680円)
77201_0.jpg
(写真はお借りしております)


実は、私はハガティの「シルバーポリッシュ」「シルバーバス」「シルバースプレー」「シルバークロス」は持っていたのですが、なぜかこの「シルバーフォーム」だけ持っていなかったのです~(^^;。

これまでスターリングシルバーのティーセットの装飾部分を磨くのに「シルバーポリッシュ」と綿棒を使い、結構時間と手間をかけて磨いていたのですが、ふと「このシルバーフォームだったらもっと磨きやすいのでは?」と思い立ち、今回の帰国時に合わせて今さらながらネットで注文。

こちらに戻ってきたら案の定、ティーポットがうっすら変色しておりましたので(住んでいる町が火山灰の地層の上にあるせいか、変色が早いのです。。。)、早速付属のスポンジを使って磨いてみたところ、これまでかなりの時間をかけて綿棒で磨いていたのに、あっと言う間に美しくなりました~
感動です~

個人的には、フォームの泡立ちこのスポンジがとってもいい仕事をしていると思います♪
もちろん使ったらスポンジは黒くなるのですが、水洗いをしたらすぐにもと通りになりますから、何度でも使えます。

「シルバーポリッシュ」は、磨いたあと乾燥するまで数分待って再度磨かないといけませんし、気を付けて丁寧に洗い落とさなければ細かな凹凸部分に残ってしまいますし、磨くのに使った布切れは真っ黒になりますから処分していました。

でも、このスポンジを使って泡立てたシルバーフォームで磨くと、細やかな装飾にもスポンジが柔軟にフィットして変色が落ちるのです
細かい装飾のあるものにはバッチリですよね。
なぜ今までこれを購入していなかったのかしら(涙)。
これがあれば、個人的には「シルバーポリッシュ」や「シルバークロス(磨き用の布)」は私は必要ないかも。。。

この泡立てて使うフォームタイプのシルバー磨きは、私はたまたま入手しやすいハガティ社の製品を今回ご紹介いたしましたが、イギリスの「Goddard's Silver pad」など同じフォームタイプで他社の商品もあります。
入手しやすいもので良いのではないかと思います



ちなみに、今回はこの「シルバーフォーム」に感動したのでこちらを主にご紹介いたしましたが、以前から使っている商品では「ハガティ・シルバーバス」や「銀磨き用の手袋」もおススメです♪

シルバーバス」は、中に液体とザル状のものが入っており、カトラリーなどをザルに入れてどぽんと浸ければ、5~10秒でピカピカになる優れものです↓
silverbath.jpg


また、「シルバー用のグローブ(手袋)」は、銀器を磨いたりする際に使うと指紋や手の脂などが付着するのを防いてくれますので、直接素手で触るよりも変色しにくくて重宝いたします。

こちらもハガティ社だけでなく他社からも出ておりまして、私が使っているのはイギリス製のものです。
手袋自体が銀磨きのクロスになっておりますので、これを両手にはめて磨くだけでも、軽い変色はとれますヨ。
一石二鳥のお品だと思います

というわけで私の結論といたしましては、銀磨き用品でまず揃えたらいいと思う製品は、
フォームタイプのシルバー磨き(どこの会社でも♪)
ハガティ社の「シルバーバス」
シルバーポリッシュ用のグローブ/ミット(どこの会社でも♪)

です。
ご参考までに。。。

なお、この記事を「面白かった」「参考になった」などと思って下さいましたら、下記のボタン↓をポチッとクリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村

┗ Comment:0 ━ 10:17:07 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。