== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== カナダでの生活 ==

いつも変わらず愛しています。。。



大震災で被災され、気候も寒くなりつつある東北地方で
食料や毛布、医薬品などの不足に苦しんでいらっしゃる方々
大切な人の行方がわからず、心が潰れてしまいそうなほど辛い方々
帰る場所がなく、生きる希望を見出せなくなっていらっしゃる方々
静岡などあちこちで発生している地震に不安でいっぱいの現地の方々・・・

これらの方々の現状とお気持ちを思い、
一方で 前進しようとする前向きな方々の映像やエピソードを見聞きし、
涙で画面が見えなくなります。

日本から遠く離れ、海外で暮らしている私たちのような人間も、
日本に住んでいる日本の方々と同じように、
いつも いつまでも 母国である日本を想っています。
いつも変わらず 愛しています。

海外に住んでいる日本人や
海外在住経験が長かった日本人の方は、
私たち夫婦も含め、海外で報道されるニュースを観聞きしています。
彼らは日本を愛しているからこそ
もどかしい想いで苦しい思いをしているのです。

今、一番私たちが気にしていること・・・
それは、多くの人々の健康と命に関わる福島原発の事故のこと。

私は、原発のみならず、あらゆる現場で復旧作業に携わっているすべての方々に、
言葉だけではとても言い尽くせない、感謝の気持ちでいっぱいです。
疲労困憊の中、場所によっては命をかけて
不眠不休で頑張ってくださっていらっしゃる方々に、
心からの感謝と敬意を抱いています。

だからこそ、海外に住む日本人や、海外の報道を実際に見聞きしている日本の方々、
そして私たちは、
今回の福島原発事故に関する初期の処置を含めた政府および東電の対応
心を痛めているのです。
なぜ、地震直後にアメリカからの冷却剤の支援を断ったのか。
(こちらではこのニュースが早々に報道されていました)
百歩譲って、断ったという報道がもし仮に事実でなくても、
なぜ、地震直後に積極的にアメリカに支援を要請しなかったのか。
(少なくとも、これはおそらく事実です)


原発のリスクは想像を絶するものがあります。
人命と人々の健康、そして、
半永久的に使えなくなる土壌や自然生態系のことを第一に考え、
最悪のケースを考えて最善を尽くす
それをしなければならないのが、原発の事故だと思います。
ベストを尽くして今の事態になっていたのであれば、
それはある意味仕方のないことでしょう。

でも、
そこまでやることもないのでは?と思うような大規模な対応をとり、
実際そこまでの事態にならなかったのであれば、
それは喜ぶべきことではないでしょうか。

これは「保険」であり、保険とはそうしたものではないでしょうか。
国民の健康と命がかかっているのです。
そしてそれが、
「原発」という大きなリスクのある施設を持っている国が
国民を守るためにとるべき施策だと思うのです。


命がけで復旧作業をしている現場の方々のことを考えると、
胸が締め付けられます。
むしろ私は、彼らのそのような決死の努力と行動に報いるためにも
政府/東電(の上層部?)の対応を他の海外在住者と同じように見つめ、
何とかならないだろうかと考え、そして書いているのです。。。

もし、もっともっと対応が早ければ・・・。
今頃ではなく
地震直後にアメリカへの冷却剤支援を要請していれば、
海外への支援を要請していれば、
今、命がけで復旧作業をする率も
これから命をかけて東電への協力に向かう方々の必要性も
放射性物質を避けるために退避勧告で不自由な生活を耐えている方々も、
ぐっと減っていた可能性があるのですから・・・(涙)。

東電で指示を出す立場の方々は、
現場で作業に携わる部下の方々の命、
東電が運営している原発によって影響を被る人々の命を
預かる立場として、
「深刻な事態ではない」とか「切り札がある」といった内容の
見通しの甘い姿勢ではなく、
最初から「全力」で望み、
地震直後にアメリカを初めとする海外支援を要請し、
あらゆる可能性を試して
初期対応に最善を尽くすべきでした。



でも、今からでも遅くはありません。
むやみに不安を煽ったりする報道の仕方はよくないと思いますが、
福島原発の事故は、健康や命に関わる重大なことです。
警戒しすぎて困ることは絶対にありません。


気休めの発言などではなく、
迅速かつ正確な情報開示と、
最悪な事態を想定しての国民の方々に対する対応を
どうか、どうかお願いします。。。


私が、不眠不休で頑張っている方々を
ないがしろにしているわけでは決してないということを、
このブログをご拝読くださっている皆様には
ご理解いただけていると信じております。

むしろ逆に、
交通整理をしている現場の警察官の方々、
公共交通機関や原発などの現場で作業している方々、
必死に電力供給について考えていらっしゃる方々など、
涙が出そうなほどです。



政治家の方々や経産省の保安院、東電の上層部の方々がもちろん
頑張っていらっしゃるのはわかっていますが、
「頑張っている」ということに甘んじたり評価されたり
するだけではいけないのが政治家だと思います。

特にこのような緊急事態には、
原子炉が廃炉になろうとも
プライドやメンツがあろうとも
すべてを捨ててでも国民を守るという
強い意志と行動力が求められます。
それが、国を動かす者の使命です。。。

単なる批判では決してありません。
日本で頑張っている国民の皆さんと
頑張っている政府の方々への
祈りとエールです。

いつも 変わらず日本を愛しています。。。


追伸.いくつかの人気ブロガー様のブログにも、福島原発に関してアップされていました。
   特に、フランスから日本へ昨年移住されたある方の人気ブログには、私と似たような心情が吐露されており、やっぱり同じようなことを考えていらっしゃるんだな・・・と感じました。
   普段は、素敵なお菓子の人気ブログです。
   よろしければ是非ご覧くださいませ。→ ★★★

   また、いつもランキング上位のパリ在住のこちらのブロガー様も、報道の差について冷静な言及をされています(→ ☆☆☆)。
   通常は、フランスのアンティーク関連記事の多い、洞察力のある興味深いブログです。

┗ Comment:2 ━ 09:43:07 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
現場で命の危険も顧みず頑張っている人たち。そして世界中からのさまざまな応援まで胸が熱くなり、涙が出ます。

二つのブログ、私も見てました。
ぱにぽぽさんのブログ、今見られませんね。
私、ここから二度ほど美味しいお菓子送ってもらいました。
開業されてから悪戦苦闘されていたうえ、この地震。心配していましたが、健気に頑張っておられるようです。Lisaさんと同じような心配をされてましたね。

Lisaさんこれからもカナダから応援してください!
>悠さま
コメントをありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません!

ぱにぽぽさんのブログ、再開されましたね。
おいしいお菓子便、羨ましいです~!

こちらには残念ながら個人経営のケーキ屋さんがなく、スーパーの大量生産の毒々しい色がついた大雑把なケーキしかありませんので、悲しいです。。。
(ですので、自分で頑張って作ります)

おいしい料理やお菓子は、人を幸せにしますよね。
普通に食べるものがあるだけでありがたい状況の方々がたくさんいらっしゃる現在、お菓子は贅沢なものと位置付けられるのかもしれませんが、それぞれ皆が、自分にできることで被災者の方々を励まし、お手伝いするということはとても大切ですよね。
きっと彼女の美味しいお菓子が幸せにできる人は、たくさんいるはずです!






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。