== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== インテリア ==

インテリアの工夫

P1070357(S 640)copy
(お向かいのお宅側をリビングから撮影)

こんにちは。
20日(日)から、こちらはずっと雪が降っています。
気温自体は日中でも0~1℃くらいで暖かいのですが、深夜から明け方にかけて降った雪は積もっており、日中も降っているとどんどん積もっていきます・・・。

今日も雪かきしなくちゃ。。。


本日のテーマは、「インテリアの工夫」です。

日本にいたときには、
居間にテレビがあるのは当たり前だと思っていましたが、こちらでは寝室や、映画(のDVD)を観賞するためのお部屋に置いていることも珍しくありません。
それは、リビングは家族やお客様との団欒の場であって、TVはプライベートに観るもの、という考え方があるからのようです。

確かに、テレビって一方通行ですよね。
別に、一人で観たっていいわけで、敢えて来客があるときに観る必要もありませんし・・・。

双方的なコミュニケーションを重視するこちらでは、リビングは人との会話を楽しむ場であって、一方的に音が出るテレビを観る場ではない、という考え方でしょう。

誤解を恐れずに言えば、知識層になればなるほど(教育に力を入れる家庭になるほど)、テレビを第三者の目にさらさない、つまり公的なスペースに設置しない傾向がある、と以前何かで読んだことがあります。

つまり、
「リビングにテレビがある」
      ↓
「リビングにはテレビを置かず、テレビは寝室(または映画鑑賞用の特別な部屋)へ設置」
      ↓
「テレビは家に置かない」

という順です。
テレビを家に置かないって、結構日本人にとっては究極ですよね。
戦後の高度経済成長の中で、日本人にとってテレビは、三種の神器の一つ(ですよね?)として復興と娯楽の象徴ともいえるべきもの。
テレビ番組も、カナダとは比べ物にならないほど充実しています。
一方で、日本の民放の番組のくだらなさも外国人には指摘されていますが・・・(恥))

そのような背景のある日本では、居間で家族が揃ってテレビを観る、というのが団欒の一つの在り方として浸透しているように感じます。
これは欧米の考え方とはおそらく異なる点なのではないかと思いますが、どちらが良いとか悪いとか、そういう問題ではないと思います。

おそらく、「テレビを家に置かない」ところまでやっている人は、こちらでも今どきそんなにいないのではないかとは思いますが・・・
でも、私の知っているカナダ人の方々で研究者(=博士課程を修了している)のお宅には、パーティーや会食で招待されてあちこちお邪魔していますが、確かにリビングにテレビのあったお宅はなかったような気がします。
(というより、テレビを目にしませんでした!

ただ、北米の方々は本当に「映画っ子」ですので(注:テレビっ子ではありません。TV番組は面白くないから)、映画DVDを再生するものとしての「テレビ」と「ブルーレイ(あるいはDVD)プレーヤー」は絶対に必需品です(断言)。
ですから、きっとどこかの部屋(あるいは寝室)を「映画ルーム」として使っているに違いありません!


さて、私の場合、リビングをクラシックな雰囲気にしたいので、できれば無機的な色である電化製品を人目にさらしたくありません。
それは夫も同じですので、私たちがやっていることは、

(1)クラシックを聞くために購入した「ステレオとスピーカー」は、見えない場所に設置
(2)夫が一人暮らしのときに使っていた「電子ピアノ」は、クラシックテイストのゴブラン織のピアノカバーをかけて、電子ピアノのシルバーの色が目立たないようにする
  (将来家を購入したらグランドピアノを買いたい・・・とは夫の希望)

ただ、テレビだけは現在そのまま「むき出し」でリビングに置いてあります
これにはいくつか事情があって・・・

現在の借家は、寝室が(も?)狭くてテレビを置くどころではないので物理的に無理ですし、そもそも寝室でゆっくりテレビをつけて観るような生活をしていないので、寝室に置く案は却下。

私としては、例えばアンティークのトールボーイ↓や(もう少しエレガントなデザインがいいですが)
600x450-2011020800011.jpg

小さめワードローブのような家具を改造して、テレビとDVDプレーヤーを見えないように収納してしまいたいのですが・・・

 ・好みのデザインの収納家具に未だに出会えていない
 ・数年内に引っ越しの可能性が高いため、現時点でこれ以上家具を増やすことに抵抗がある
 ・今はまだ子どもがいないので、(教育上)TVを子どもから隠す必要性には迫られていない
 ・借家が小さくて、会食などで来客を呼ぶこともほとんどないため、当面の間は(インテリア的に)我慢できそう

というわけで、テレビは残念ながらそのままにしているのです。

ただ。。。
リビングのソファの脇に置いているサイドテーブルの上は、このような感じにしております↓。

P1070361(S 640)copy

左上に映っているものは、サイドテーブルの上に置いているテーブルランプの足の部分。
テーブルの上には、洋書を2冊重ねております。

が、この大きい方の洋書は、



















実は、このようにしているのです~↓

P1070362(S 640)copy

クラシック・インテリアの雰囲気をできるだけ損なわないように、テレビとDVDプレーヤーのリモコンを入れております。
いかがでしょう・・・?


なお、本日の記事を「興味深いな」「おもしろいな」「なるほど」などと思いながらご拝読くださった方は、下記のボタンをポチッとクリックしていただけますと嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
┗ Comment:0 ━ 09:22:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。