== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== アンティークなひとりごと ==

ナイトスタンドを求めて三千里

本日も自動更新です。

今日は、私の住んでいる(ポップかつ非クラシック?な)州にしては大変珍しく、エレガントなヨーロッパの家具を扱っているアンティーク家具店に行く予定です。

このお店のオーナーの女性はもともとオランダ人ですので、エレガントでクラシックな家具を扱っていらっしゃるのも納得。

私がとても気に入って購入した「ブックケース付きビューロー」と「サロンテーブル」「小ぶりな椅子6客」も、このお店で購入いたしました

いつか機会があれば、こちらでもご紹介しますね。


さて、今回このお店に立ち寄る目的は、


「ナイトスタンド(ベッドサイドテーブル)」と「ウォールクロック」を探すためです。

ベッド脇にナイトスタンドがないと、読みかけの本も置けませんし、毎朝使っている体温計も置く場所がなくて、枕の下に置いている有様・・・
いずれ引っ越すのがわかっているだけに家具は増やせないし、現在の借家も狭いしで、今までずっと我慢していたのですが、やっぱり不便なのです~!!!

これまでいろいろ探してきたのですが、残念ながらこちらでは、なかなか気に入ったものに出会えていません。
デザインが気に入ってもコンディションがイマイチだったりして。。。

今回はアンティークフェアでも家具を見ることができますので、上記のオランダ人女性の店舗も含めていろいろ見てこようと思います。

ちなみに、私が機能的に好きで探しているのは、次のようなタイプのナイトスタンドです。
(1)引き出しがあること(体温計などを入れるため)
(2)物を置けるオープンな板の部分があること(本などを置くため)
(3)マーブルトップであること(水を入れたカラフェなどを置いてもシミがつかないため)
(4)できれば開き戸もあること(すぐ手の届く場所にハンドクリームやピローミストなどを入れられるため)
(5)できれば似たようなデザイン2つが揃うこと(ベッドの両脇に置くため。ただし夫の方は引き出しなどは必要ないかも・・・)

これらを満たし、かつデザインも良ければ、現行品で問題ないのですが、現行品で見つからないのです。。。

アンティークであれば、こんなのが理想です↓
(※画像はお借りしています)

こちらは引き出しと開きが上部および中部についているタイプです。
2107-9126Cpic(S 640)
私の条件にぴったり!

2107-9126CIM1(S 640)
開きの中もマーブルですので、なんだか安心です♪

こちらは本を乗せられる部分が中部に、開きが下部にあるタイプ↓。
2106-11367Cpic(S 640)copy
エレガントで素敵♪

2106-11367CIM1(S 640)
こちらも開き戸の中はマーブルですので、液体を入れても安心です


こんなナイトスタンドに出会いたいです~。。。
(やっぱりカナダでは無理なのかなぁ・・・遠い目)

┗ Comment:0 ━ 08:27:13 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。