== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== アンティークなひとりごと ==

定期購読の雑誌がようやく届きました~

こんにちは。
タイトルを見て「ん?そういえば・・・」と思い出して下さった方がいらっしゃいましたでしょうか(^^;。

思い起こせば今からかれこれ4か月以上前の1月12日、雑誌「VICTORIA」と「TEA TIME」の1年間の定期購読の手続きをいたしました。
(その時の記事はこちら → ★★★) 

夫が手続き前に直接オフィスに電話をかけて確認したところ、「1・2月号はもう間に合いませんが、3・4月号からお届けいたします」と言われました。
1・2月号はすでに店頭で購入していましたから、それは構わなかったのです。
3・4月号からを楽しみに待つ、ということで。

と・こ・ろ・が!



待てど暮らせど「3・4月号」が届きません・・・。
いい加減 キレそう 不信感いっぱいになっていたところ、4月28日に何といきなり届いたのが「VICTORIA 5・6月号」。


・・・・・。


あの~、3・4月号は???


そして、それから3週間以上経過・・・。
「VICTORIA」はとりあえず届いたことは届いたので一安心ですが、別々に発送されることになっている「TEA TIME」は一体???

諦めかけていたところに、ようやく昨日「5月17日」に、「TEA TIME 5・6月号」が届きました↓。。。

P1070592(S 640)copy

いえね、5・6月号が4月28日や5月17日に届くこと自体は、全然悪くないんですけれども・・・。
それ自体は頑張っていると思うのですけれども。。。

振込と定期購読の手続きから4か月以上も音沙汰なしで、しかも「届ける」と言った「3・4月号」をすっ飛ばして音信不通というのは・・・サービスを提供する側の対応としてちょっとどうかと思ったりしまして。。。

一応、発送元が(カナダではなく)アメリカだったので、信用というか期待していたのですが
結局、すっとばされた「VICTORIA 3・4月号」は店頭で購入していなかったので、どっちにしても店頭で入手できない「TEA TIME」の3・4月号と一緒にバックナンバーをオンラインで注文しました。

ちなみに、こちらの雑誌の郵送は封筒などには入れられず、直接その雑誌本体に宛先シールがべったり貼られ、雑誌が梱包・ビニール袋さえ一切なしの「そのまま裸状態」で投函されます
途中で濡れたり折れたりするのが心配。。。
その上、アドレスシールの粘着力が結構強力なので、ドライヤーを使っても上手に剥がすのが一苦労なのデス。。。
(上の写真はアドレスシールを剥がした後ですが、ちょこっと表紙が破れてしまいました^^;)


さて、初めて手に取る「TEA TIME」の肝心の中身は・・・。

P1070593(S 640)copy

掲載されているお菓子やケーキの作り方のレシピが紹介されていたり、

P1070594(S 640)copy

素敵な食器類が載っていたり。

シルバーのティーケトルも素敵ですが、このようなウォーマー↓も素敵ですね♪
P1070595(S 640)copy

雑誌自体は「VICTORIA」より薄く、紙質も「VICTORIA」と比較すると低い感じです。
写真が「VICTORIA」ほど綺麗に見えないのは、おそらく紙質の影響もかなりあるのではないかと思いました。

まだ中身は読んでいませんので、時間を見つけて読んでみようと思います



┗ Comment:0 ━ 13:23:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。