== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ショップ情報 ==

ようやく届きました♪ ★プレゼントキャンペーンのお知らせ★

こんにちは。

こちらは日曜日です。
注文から1週間以上経過して、27日(金)にようやく待っていた「あるもの」が届きました。
これはお客様へ日頃の感謝を込めて、当店がご注文くださるお客様にプレゼントするために注文したものです

何かと申しますと・・・







この画像でおわかりいただけますでしょうか。

ロイヤルウェテ#12441;ィンク#12441;切手(カナタ#12441;)
(※こちらはイメージ画像です)


4月29日に行われた英国のウィリアム王子とキャサリンさんのロイヤルウェディングの記念切手です

実はカナダは、「コモンウェルス」と呼ばれ英連邦王国です。
「英連邦王国」とは英連邦に属している国々を指し、現在は独立国ですがかつては英国の植民地だった国で、カナダのほかにもオーストラリアやニュージーランド、ツバルその他まだまだ存在します。
そして、各国は頂点に英国王(現在はエリザベス2世)を自国の「国王」としていただいているのです。

例えば、私の住む州に以前エリザベス女王がいらしゃったときには、彼女が通った国道2号線(高速道路:Highway)に後から「Queen Elizabeth II Highway」という名前が新たに追加でつけられました

そのようなわけで、上述した「英連邦国」の国々も今回のロイヤルウェディングを記念して、各国でその記念切手を発行しております。
調べた結果、少なくともイギリスやニュージーランド、オーストラリアが発行しているご成婚記念切手には、カナダの切手に採用されている「キャサリン妃のロイヤルブルーのドレスの同じショットのお写真」は使われていませんでした。
ですから、カナダの記念切手のデザインは、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドの記念切手と重複するものではありません。


私は特にロイヤリストというわけではありませんが(笑)、せっかくの機会ですので、カナダ発行の記念切手を数量限定のプレゼントとして当店でお買い上げいただいたお客様にプレゼントさせていただこうと思います

1種類は既に売り切れで残念ながら入手できませんでしたが、まだ入手可能だったものを注文いたしました。

それでは、このキャンペーンについてご説明させていただきますね

ロイヤルウェディングから1か月後の5月29日から、下記のキャンペーンをスタートいたします。(※下記の画像はすべてお借りしています)



(A)1万円以上ご注文のお客様へプレゼントさせていただきます↓。
403806146.jpg
結婚式を挙げたウェストミンスター寺院の内部が印刷されたご成婚の記念切手シートに、金で箔押しされたウィリアム王子の紋章が入っております。



(B)1万5千円以上ご注文のお客様にプレゼントさせていただきます↓。
403806144.jpg
結婚式が行われたウェストミンスター寺院の内部の写真が印刷されたご成婚の記念切手シートに、「2011年4月29日」と首都の「オタワ」の文字が入った金色の消印が押されている「公式初日カバー」です。
また、このシートはウェストミンスター寺院の外観が印刷された封筒に貼られており、この封筒の裏側にはこのご結婚に関する情報が英語およびフランス語(どちらもカナダの公用語)で印刷されています。


(C)3万円以上ご注文のお客様には、上記の(A)と(B)を両方プレゼントさせていただきます


いずれも数に限りがございますので、在庫がなくなり次第終了とさせていただきます
何卒ご理解のほどお願い申し上げます。


なお、このキャンペーンはあくまでも現在の私の置かれている環境下で私ができることとして考えた、私のお客様に対する感謝の気持ちであり、政治的な意味はまったくございません。

ですが、もちろん「必要ありません」という方に強制するものではなく、必要のないものをプレゼントしてお客様を困らせる意図もまったくございませんので、ご注文後に送信する【確定】メールにてご希望をお伺いいたしますね。

必要のないお客様は、どうぞご遠慮なくその旨お知らせくださいませ。


┗ 13:09:51 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。