== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ショップ情報 ==

★販売予定商品のご紹介です(3)

こんにちは。

引き続き、販売予定の子たちのご紹介です♪
画像はクリックするとすべて拡大いたしますので、ゆっくりご覧くださいませ。

今日ご紹介するのは、英国の「エインズレイ」によって製造されたカップ&ソーサーです。

バックスタンプから、製造時期は1934年~1950年代の間ということがわかっております。


水色とペールイエローの組み合わせに、あたたかみのある色彩のチューリップや薔薇などが優しい雰囲気を醸し出している、可愛くて気品のある素敵なカップ&ソーサーです。
DSC_0750(S 640) copy

全体的に可愛いらしい子ですが、個人的にはシャンデリアのような金彩の模様が特に好みです
DSC_0742(S 640) copy

横から見ますと、ティーカップによくあるシンプルな金彩のみのタイプなのですが・・・
DSC_0741(S 640) copy

重ねて上から見ると、シャンデリアのような金彩が二重になって華やかです。
DSC_0744(S 640) copy

(お写真が白っぽくなってしまいましたが)カップの内側と、
DSC_0747(S 640) copy

ソーサーのフローラルの絵柄はお揃いです。
DSC_0745(S 640) copy


ストレートティーをいれた時にはこの金彩模様や中央のフローラルが透けて見えて、きっと素敵だと思います

┗ Comment:2 ━ 09:05:33 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
こんにちは!

どれもこれも素敵で、本当に目の毒です(^_^;)

気に入るとどうしても頑張ってセットで揃えたくなるのですが、
我が家のように家族も来客も少ない場合は、C&Sだけを1客ずつ集めるのもいいなぁと思い始めました。
引き続き更新楽しみにしていますね♪
ありがとうございます
>Keity様

この子たちを「素敵」と思って見ていただき、とても嬉しいです♪
ありがとうございます。

現行品や、古いお品でもハンドペイントではないリモージュのアビランドの食器類ですと、セットで揃えることも可能ですよね(^^)。
人気があるシリーズは市場にも比較的出回っていますので、私もついつい頑張って揃えたくなってしまいます!

揃えておくと、おもてなしの時などに使えるので便利ですが、ただやはり、なかなか同じものに出会えないものも多くて・・・。

雰囲気の似ているものでしたら、絵柄やカラーがそれぞれ違っていても統一感が出ますので、逆に楽しくなると思います♪
うちには1客ずつのコレクションが多いですが、夫とティータイムをするときにはそのときの気分で選べて楽しいですし、日本から夫関係のお客様(女性)が仕事でいらした時にも、好きなカップを選んでいただいたら「まるで○○の喫茶店みたい~」と喜んで下さいました(^^)。

パラゴンなどは、似ているシェイプに金彩とお花模様のバリエーションが多いですよね。
アビランドもぼんやり&ふわっとしたピンク系のお花で雰囲気の統一がしやすく、パターンが違っても合わせやすいですよね。

アンティークフェアやモール、ショップを巡るたびに、必ず何か連れて帰ってしまう私です(笑)。

10月中旬と11月中旬には(こちらにしては)規模の大きなアンティークフェアがありますので、もちろん行く予定です!







        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。