== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

ヴィクトリア出張旅行 2日目(3)

こんにちは。

ふと気が付くと、もう6月も終わり・・・!
早いものですね。
こちらは湿度こそ35%くらいですが、現在29日(水)15時頃の気温は、29℃。。。
カナダの家は基本的に暖房完備ではありますが、クーラーはありませんので・・・
今日は朝からずっと暑いです
とりあえず扇風機は回しているんですけれどね・・・。


さて、気を取り直して、昨日の続きをご紹介してまいろうと思います。
ヴィクトリア出張旅行2日目の夜です。
では、はじまりはじまり♪

この日の夜は、アンティーク街の一角にある和食レストラン「千鮨」さんに入りました。
ちゃんと事前にチェック済みです♪

そしてまたもや私は、「レインボーロール」(笑)。
P1070861(after)copy.jpg
前日食べたお店のレインボーロールも悪くはありませんでしたが(ただ、大きさ的にも巻き方としても食べにくかったのは事実)、



こちらの方が総合的にみて、さらに良かったです

プレゼンテーションもバッチリ♪
普通は裏巻を切ってあるだけなのですが、ここは左側2つの置き方を工夫し、さらにキュウリを刺したりして芸術的(?)に仕上げていました。

このお店も前日のお店と同様に日本人の方が料理人ですが、私がこれまで入った和食レストランの中で最も日本を感じるメニューでした!(大絶賛

*実は、和食レストランと看板を出していても、日本人ではなく韓国や中国系の人がやっているところは結構多いのです。
 そのわりに味自体は悪くないのがカナダの和食レストランなのですが、ただ、どうしてもテイストは100%和食ではなくなってしまうのですよね。。。日本人はこの味付けはしないな・・・ということがありがちです。


実はここでは、夫が注文したお料理に含まれていた天ぷらの盛り合わせの中に、何と「キスの天ぷら」まで入っていたんですよ~!

日本でキスの天ぷらが出ても驚きませんが、こちらに10年以上住んでいる夫でさえ、カナダの和食レストランでキスの天ぷらを出すところに出会ったのは今回が初めて。

マグロなどはこちらでも一般的ですが、キスのような瀬戸の小魚を仕入れて天ぷらに加えるこだわりが、さすが日本人の料理人です

これには心底驚きました。

というわけで、このお店はとってもオススメです!
千鮨(せんずし)」さんというお店です。

本当はあと2回くらいは行きたかったのですが(ランチメニューも食べたかった・・・)、結局その機会なくアルバータ州に戻ってきて残念。


さて、千鮨さんを出た時点で、まだ18時を少し回ったくらい・・・。
カナダは緯度が高いので、いくらカナダの都市の中で特に南に位置しているヴィクトリアでも、夜はまだまだ明るい感じです。

その一方で、個人商店が大半ですのでお店自体は基本的にすべて17時くらいで閉店してしまい、行くところはありません。
でも、ホテルに帰るにはちょっと早すぎるような気も・・・。

千鮨さんを出てアンティーク街をホテル方向へ向かい歩いていますと、なぜか一軒だけ開いているアンティークショップらしきお店が。。。

そういえばこのお店は、昨日の夕方この界隈をお散歩したときには既に閉まっていたものの、入口のドアに貼ってあった特殊なカレンダーによれば翌日アンティークオークションがある、と書かれていたような・・・!

昨日の時点で「翌日」ならば、今日は「当日」です。

きゃ~♪
美術品のオークションといえば一流の「クリスティーズ」や「サザビーズ」しか思い浮かばない私としては、「オークション=高級」、「オークションなんて敷居が高いわ~」と思っていたのですが(以前本で読んだことがあったので)、逆にクリスティーズもサザビーズも知らない夫は「入ってみよう、いい機会じゃない」と乗り気。

「え~、事前に参加登録とか必要なんじゃないの?(汗)」
と私は逃げ腰でしたが、会場自体が個人のアンティークショップくらいの大きさしかなく、しかもいかめしい顔の警備員さんもおらず、19時スタートとありましたが時間がまだ早いせいか、小奇麗な格好をしたおばあさん2人組や夫婦が何人かいるのみ。

とりあえず聞いてみよう、ということで、奥の窓口に行って「たまたま通りがかっただけだけど、このまま見せてもらっていいか」と聞いてみました。

すると主催側のおじさんは
「どうぞどうぞ。何ならオークションに参加してビットして、落札してもいいヨ!」
と快諾。
「ここに本日のオークションのカタログもあるから、どうぞ」と冊子までくれました。

あら~、やけにカジュアル・・・。
アンティークショップがたくさん並ぶヴィクトリアでは、おそらくこのようなカジュアルな地元志向のオークションが頻繁に開催されているのですね。
後から夫の横に座った年配の女性の話では、他にもこの近くにもう一カ所オークションの会場があって、そこでは毎週木曜日に同じようなオークションが開かれているそうです。

というわけで、こちらがオークション会場のお写真です。
まだ19時まで30分以上時間がありますので、お客さんも少ないですね。
P1070863(S 640)copy
でも、年配の方が多いのはお分かりいただけますでしょうか。

P1070864(S 640)copy

商品と客席の間にはロープが張ってあり、入ることはできません。
どうやらプレビューの日が何日か前にあったらしく、皆さんはプレビューの日に実際に商品をしっかりチェックして、どれに入札するかをあらかじめ決めているようです。

でも、私たちはいきなりオークション当日に飛び入り参加するわけですから、商品を確かめようがありません。
私はロープぎりぎりまで近寄って、見える範囲のものだけざっと見て番号をチェックしました。

ガラスのショーケースの中にはスターリングシルバーのカトラリーやアクセサリーなどもいろいろあったようなのですが、さすがにこれは全然見えませんでした。

オークションが始まるまでカタログを見て、気になる商品に印をつけておきます。

19時になって、いよいよオークションが始まりました。
カタログは基本的に商品の写真がほとんどなく(「スターリングシルバーのティースプーン」といった感じの簡単な記述のみ)、あっても白黒ではっきり言って全然わかりません。
どの商品もスタート価格は比較的低いのですが、何せ実物を直接見ていないし、カタログからは小さいものだとデザインや状態などを全然判断できないので、仕方なくスルー。

ただ、実際に手に取って入念なチェックはできないもののロープのそばからデザインなどが確認できた商品2つに関しては、私も入札してしまいました~
↑最初は逃げ腰だったのにちゃっかり者の私・・・。
アンティークオークションにデビューです
しかも、どちらも落札しちゃいました

本当は素敵な家具もいろいろあって、「えっ!そんな価格で落札できるの?!これが?」というようなお値段で落札されていくので、夫も私も「旅先じゃなければねぇ・・・」と残念無念。
車で来ているならともかく、今回は飛行機ですしね。

でも、素敵なティーキャディ―ボックスやマイセンの花瓶などは、どんどん値が上がっていって、すごい価格になっていました。
この会場では昼間私たちが入ったアンティークショップのオーナーさんたちもたくさん参加されていて、上記のティーキャディ―ボックスやマイセンの花瓶などは、彼らが落札していました。
こうやって自分のショップの品を増やしているんですねぇ。

落札した人は窓口で清算すると、スタッフがその人の商品を取りに行って渡してくれます。
お目当てのお品を早々に落札した人は、オークションが終わるまで待っていたら清算する人で混みますので、さっさと先に帰るわけですね。

私は最後まで見届けたくて、ずっと参加していました。

ロイヤルウースターのアイボリーブラッシュらしきプレートセットがあったのですが、遠すぎて事前に全然見えませんでしたので、さすがに入札は泣く泣くあきらめました。とっても残念!

気を付けないと、すぐ近くで見ることのできた食器類の中には状態のよくないものもありましたので、やはり事前に実際手に取ってプレビューするのは大切です。

結果的に全部で340品あり、これらをオークションにかけるのに3時間近くかかりましたが、3人の男性が交替しながら行いました。
3人のやり方もそれぞれ個性があり、かなり低い金額から始める人、ビットする人が出ない場合は途中で価格を下げる人、最初から高めで始める人など・・・興味深かったです。


今回の旅行は最初から(素敵な出会いがあるかどうかは別として)買い付けを兼ねるつもりでしたので、プチプチの梱包材をたくさんスーツケースに詰め込んできたのですが、これが大正解♪

個人のアンティークショップでは、旅行者だと特にとても丁寧にプチプチで包んでくれるのですが、オークションは商品を渡してくれるだけで、梱包資材まではありません(せいぜいダンボール箱くらい)。
ですから、個人的に持ってきたプチプチが早速大活躍いたしました。

アルバータ州のアンティークモールや個人のアンティークショップでは、あまり丁寧に梱包してくれません。
紙でざっと包んで終わりです。
そのため、それが原因で欠けたと思われることが一度あり、それ以来私は彼らの梱包を信用しなくなりました。
ですから、普段から買付の際には自分で梱包材をたくさん車に積んでいくようにしています。

今回は旅行ですから持っていく梱包材の量には限界がありましたが、それでもかなりたくさん持ってきたつもりです。
ヴィクトリアのアンティークショップは梱包を丁寧にしてくれたので私の追加の梱包が必要なく、オークションで落札した食器類にすべて自分の梱包材を使うことができたので助かりました


この日の夜は、オークション初参加!かつ初落札!
なかなか楽しい夜でした。

アルバータ州でもたまにアンティークオークションが開催されているのは知っていたので(オークションには無縁だと思い、これまでは最初から行く気ゼロでした・・・)、ヴィクトリアの今回のカジュアルなオークションと品揃えや品数、落札価格等を比較してみるためにも、是非参加してみたいなぁ・・・と思った次第です。

アルバータ州のオークションですと、家具も落札できますから


本日の記事を楽しんで下さいました方は、私への励ましを込めて下記のボタンをポチッとクリックしていただけますと嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
いつもクリックしてくださいます皆様、ありがとうございます

┃ テーマ:お散歩・お出かけ ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 13:57:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。