== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== ショップ情報 ==

★販売予定商品のご紹介です(6)

今日も朝から真っ青な晴天で、暖かい日差しがリビングに差し込んでおります。

皆様、いかがお過ごしでしょうか♪


今日ご紹介する子は、このブログでもたびたびご紹介しておなじみになりました(?)、英国は「パラゴン」の「Shirley Poppy」(シャーリー・ポピー)という名前がつけられた可愛らしいカップ&ソーサーです。

シャーリー・ポピーというのは、ポピーの種類のようです。

これまでご紹介してきましたカップ&ソーサーは、基本的に口径の方が高さよりもかなりサイズ的に大きい、つまり、高さは低めで口径が広いタイプの典型的な紅茶用カップだったのですが、今回ご紹介するのは口径が比較的小さめで、高さが少しあるタイプの子です。

カップの曲線のエレガントなシェイプに惹かれました

きゅっ&コロンとした形が可愛らしいですよ

カップの縁が波打っているのも素敵です♪
DSC_0764(S 640) copy

カップ内部はゴールドのラインが1本入っているシンプルなタイプですが、外側は大きなポピーが描かれています。
DSC_0765(S 640) copy

お写真がちょっと白くなってしまいましたが(汗)、カップ全面のポピーをどうぞ。
DSC_0769(S 640) copy
淡い彩色がペールイエローの地色と相まって、ふんわりした雰囲気を醸し出しています。

反対側には、ピンクのポピーが・・・。
DSC_0770(S 640) copy
見える位置によって柄が異なっているのも、素敵だと思われませんか?

ソーサーにも、カップに描かれている3色のポピーがついております。
DSC_0766(S 640) copy

ソーサーのポピーを拡大でどうぞ。。。
DSC_0771(S 640) copy

取っ手は金彩が少し薄れている部分があります。
DSC_0768(S 640) copy
でも、それを承知で「この子が欲しいわ」とおっしゃって下さる方の下へ、送り出したいと思っております。


なお、こちらの子は「1938年~1952年」製造だということがわかるバックスタンプがついております。

現代のお品のような画一的な印象ではなく、「手作業をしていますよ」というようなほのぼのした感じの、味わいのあるお品です




┗ Comment:0 ━ 14:24:00 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。