== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== アンティークなひとりごと ==

ピンクの薔薇はどちら様???

こんにちは。

台風の影響で、今日は朝から(昨夜から?)ずっと雨です。

「お大事になさってください」と声をかけてバスを降りましたが、昨日の年配の女性は大丈夫だったでしょうか。
バスの運転手さんの「首」は、大丈夫だったと思いますが・・・


さて、今日はささやかながら昨日のレッスンの感想などを書こうと思っておりましたが、あいにくのお天気でお写真が撮れなさそうですので、別の話題に変更させていただきますね。

初心者カルトナージュ経験につきましては、お天気が回復した後日、また書かせていただきます~。

それでは、先日の記事で書いた「ピンクの薔薇のコラボレーション(→☆☆☆)」で写っていた2客のトリオを本日は載せますね。

こちらです↓。
IMG_6361(S 640)copy




白地にピンクの薔薇、そして金彩でつけられた葉っぱの模様です。
色使いはシンプルですが、金彩がしっかり使われていて華やかですよね。

そして、上のお写真をパッと見て気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、この2客は同じモティーフを扱いながら微妙に描き方が異なるのです。

製作した窯が違うのですね。

実はこの「ピンクの薔薇×金彩の葉」のモティーフは、イギリスの多くの窯が製作してきました。
だからこそ、パッと見るとよく似ていますがよく観察しますと微妙に絵柄が異なっていて、大変興味深いのです

例えば、上記のお写真の手前のトリオを(A)、奥のトリオを(B)とします。

このお写真はトリオ(A)↓、
IMG_6369(S 640)copy

こちらはトリオ(B)↓です。
IMG_6377(S 640)copy

違いがみつかりましたでしょうか???

長くなりそうですので、続きはまた次回にいたしましょう
(あまり一つの記事が長くなりますと、読者の方々にご負担がかかるのではといつも懸念しております。いつも文字が多くてすみません


本日の記事で、このピンクの薔薇のモティーフのカップたちに興味を持って下さった方がいらっしゃいましたら、下記のボタンをポチッと押して励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
いつもクリックしてくださいます皆様、ありがとうございます。

┃ テーマ:洋食器のある生活 ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:1 ━ 21:23:55 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
日本に戻ってきていたのですね!
あちらのブログがそのままだったので、ずっと心配しておりました。
検査結果は出たのでしょうか?
元気で過ごしているようで何よりです。





        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。