== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

正解は・・・

こんばんは。
どうもIEの調子が悪く、この記事を書いているとすぐに強制終了となってしまいます(涙)。
今日中にアップできるかしら・・・

さて、昨日の質問の答え、おわかりになりましたでしょうか?
最後のヒントはこちら。

声楽の経験がおありの方なら、きっとご存知の曲です↓。
パヴァロッティでお楽しみくださいませ。




<歌詞>
Gia' il sole dal Gange
piu' chiaro sfavilla
e terge ogni stilla    
dell'alba che piange.
Col raggio dorato 
ingemma ogni stelo
e gli astri del cielo   
dipinge nel plato.  

すでに、ガンジス川から太陽は昇り、
一段と輝きを増し、夜露を一つ一つ磨き上げている
太陽の金色の光は、あらゆる草木を輝かせ、
草原一面、星屑を撒いたようだ
(※歌詞の和訳は引用させていただいております)


この曲は、




日本の声楽学習者用教本「イタリア歌曲集1」の第12曲目に収録されており、音楽コンクールや音大入試の課題曲ともなっている有名な歌曲だそうです。

この曲は、バロック期のイタリアの作曲家、アレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti, 1660-1725)の作品で、元は彼の作った歌劇「愛の誠」(L'honesta negli amori)の中のアリアでした。
この歌劇は1680年当時ローマに住んでいた元スウェーデン女王クリスティーナの館で上演されたものだとか。


ガンジス川から昇った太陽の光が、露にきらめき草木を照らす情景を、躍動感あふれる旋律で活き活きと歌い上げています。
17世紀のイタリア人は、太陽が昇るときは「東方」に位置するインドのガンジス川から昇るのだと考えていました。
この詩には、大きな憧れ、夢、希望がこめられているのです。

(※斜体部分は引用です)


というわけで、正解は「インド」でした~。
お写真の整理が終わりましたら、少しだけスナップをご紹介しようと思います。

「紅茶といえばインドよね!」と両者の関連性を思いだして下さった方は、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!

┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 06:13:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。