== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== アンティークなひとりごと ==

先週末のアンティーク・フェア

皆様、こんにちは。

週末はゆったりとお過ごしになれましたでしょうか?

私は予告通り、土日に開催されるアンティーク・フェアに早起き(といっても6時半ですが)して行って参りました!

通常(私の知る限りでは)カナダで催されるアンティーク・フェアは土日2日間にかけて開催されますが、いいものは早く売れてしまうでしょうから、いつも私は土曜日の朝一番に行きます。

フェアは9時からで、高速でとばしても1時間半以上かかる場所での開催でしたから、本当は7時過ぎには家を出たかったのですが、今回はいつも一緒に行く夫が木曜日の夜に出張から帰宅した翌々日でしたので、疲れが残っており、結局私は早めに夫は7時過ぎに起床。

家を出たのは7時50分頃だったでしょうか・・・。

途中、絶対に通らねばならない高速道路で土曜日だというのに工事をしており、到着したのは10時過ぎでした。


でもですね、結果的には、それで良かったのです~。


といいますのも、今回のフェアには初めて行ったのですが、規模が思っていたよりもずっと小さかったのです!


5月に行った別の町のフェアと比較しますと、街の大きさや人口は比較にならないほど今回の開催地は大きな都市だったのですが、フェアの規模は半分以下でした(4分の1~5分の1くらい?)。

ですから、見て回るにも何時間もかかりませんでしたし、あまりめぼしいお品も残念ながらなく、ちょっと拍子抜けでぶらぶらと見ておりました。


それでも、駐車料金がとても高かったことや入場料も5月のフェアより高かったので、1時間くらいは粘り、でもやっぱり結局何も買うものがなくて、そろそろ帰ろうかな?と思っていた矢先・・・。

このフェアで、最初で最後の出会いがありました


こちらです↓。

DSC_0762(S 640) copy

リモージュのカップ&ソーサー4客と、

DSC_0801(S 640) copy

デザートプレートです


C&Sとプレートは別々に無造作に置かれていて、最初ぱっと見たときには特に目を引く感じではありませんでした。

プレートの模様が先に目に入り、「あら、リモージュだけど、うーん・・・ちょっと地味かしら?」と一瞬思ったのです。

といいますのも、こちらの子たちの柄は、すべてに色がつけられているわけではなく、薔薇や葉っぱの一部が故意に薄いグレーのまま、まるでシルエットのような柄付けになっていたからです。

また、このプレートに施されているパターンは余白が多めというのも、そう感じた要因の一つかと思います。


これまでリモージュ焼の中でも、ピンクの薔薇やお花、リボンといったモティーフが多い「アヴィランド社」のパターンを見ることが多かったので、おそらく無意識のうちにアヴィランドのものと比較していて、このように感じたのでしょう。
(この子たちは、リモージュ陶磁器の中でメジャーな工房の一つである「Charles Ahrenfeldt」のお品です)

でも、よくよく見ますとこの子たち、ピンクの薔薇だけじゃなくて黄色の薔薇が一緒に混じり合い、シルエットのような薄いグレーの部分も見方を変えればちょっぴりシックな感じではありませんか・・・???! 

しかも、せっかくカップ&ソーサーだけじゃなくて、同パターンのデザートプレートがあるんだから、ちょっと重ねてみましょう♪ 
そう思って、C&Sをばらし、1客をデザートプレートに乗せてみたところ・・・

あら! 可愛いではありませんか~!


いかがでしょうか?↓

DSC_0785(S 640) copy

ちょうど私のすぐ横で別のお品を物色中だった好々爺然としたおじいちゃまが、私が重ねてみたC&Sとプレートのトリオのセッティングを見て、
「おお!それは素敵だね~!!エレガントだ!」
とニコニコ(笑)。

私も「本当にそうですよね~!」と笑顔がこぼれました

きゃ。
キュートなおじいちゃまにもそう言っていただけて、私も嬉しいです♪


皆さんはどう思われますか???

┗ Comment:2 ━ 12:28:26 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

良かったですね!
頑張って行った甲斐があってよかったですね
可愛くって、それに持ち手が素敵です♪
それにしてもいつも気になっているのが
可愛いプリンセスレースと素晴らしい彫の薔薇のトレー。。。
ありがとうございます♪
>悠さま

コメントありがとうございます!
そうなのです。
カップ自体のシェイプはむしろシンプルな方なのですが、持ち手がエレガントですよね(^^)。
しかも、カップの底が波打っていて、あまり見えないところに素敵な部分があるのもいいなぁと思います。

レースはアンティークとの相性がいいですし、いろいろな部分に使えて便利ですので、ついつい買ってしまいます(^^;。
薔薇のトレーは私も彫りが気に入っているのですが、あの彫りのためにそこまで物を乗せられないのがたまにキズなんですヨ(笑)。





        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。