== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 工夫 ==

ようやく完成しました♪ 

こんにちは。

9月21日の記事(⇒ ☆☆☆)でご紹介してから2か月以上経過してしまいましたが、ようやく完成いたしました!

とは言いましても、ずっと放置していたわけではないのです~。
ちゃんと、少しずつお色を塗ったり切ったり付けたり・・・それぞれやる毎に乾燥させたりする時間も必要でしたので(+父に手伝ってもらうため週末に作業の多くをしたため)、時間がかかってしまったのです。

9月21日の時点ではこの状態でしたが↓・・・
IMG_6597(S 640)copy

これがこのようになりました↓。










IMG_6803(S 640)copy

作っていたのは、商品梱包の際に使っているマスキングテープを収納するためのラックでした♪。

棒を箱のサイズに合わせて切り、この箱の両側面にあるハート形の穴に通すだけであれば簡単なのですが、私には欲しい機能(?)がいくつかありましたので、それを叶えるためにいろいろ考えたのです。

私の欲しかった機能は、

(1)縦に積み重ねて使用できること(場所をとらずに収納したいため)
(2)テープを引き出してテープの先端を留めておけること
(3)テープカッターがついていること(はさみで切るとはさみが傷むし、面倒なため)
(4)箱の両側面にできるだけ部品がはみ出さず、かつ棒を取り外すことができること

(3)に関してはサランラップの金属のギザギザを取り付けようと考えていたのですが、百均の薄くて軽い箱を縦に置くと、重量&強度不足でマスキングテープを切ることができませんでした。

いろいろ考えた末、残念ながら(3)は諦めることに・・・。

上の写真を見ていただけると、左側についている蝶番(ちょうつがい)の扉側が表面に出ておりますが、本当は内側に付けるのが普通です。

ただ、今回の設計では切った扉用の板の長さの関係上、内側につけると扉が出っ張ってしまい、留め金が付けられなくなってしまうため、このような作りになりました

今回はもう色を先に塗って乾かして…を繰り返していましたし、扉の留め金部分もなかなかぴったりするサイズのものに出会わず、「くの字」型の留め金を見つけたのもかなり作業が進んでからでしたので、もう変更はできませんでした。

でも、次回もし作るのであれば、今回の反省や経験を活かして、もっと使いやすいものが作れるような気がします

木材を切ったり、「『手仕事ニッポン』だな・・・」とボヤきながらも、とってもとっても小さなビスやクギを薄い板に取り付けてくれた父に感謝です。

ちなみに、写真には2つしか映っていませんが、実際にはあと1つ作りましたので、これで手持ちのマスキングテープはかなり収納できそうです


明日は、(アップしたと思っていたら「下書き」になっていた(涙))「カルトナージュ第7回レッスン」についてアップ予定です。ブログを楽しみにして下さる方がいらっしゃいましたら、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!

┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 23:07:46 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。