== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 出張/旅行 ==

5月16日(水) マーストリヒトからボンへ♪

ボンで宿泊中のホテルではインターネット接続がかなりお高いので、毎日というわけにはなかなかいかないのですが、ログインできたときには少しずつ記事をアップいたしますね。

下記↓は数日前の5月16日の記事ですが、何卒ご了承くださいませ。

------------------------------------------------

昨日はマーストリヒトから1時間半程度離れた「シプリー」というベルギーの小さな町へフィールドワークで行った後、そのままドイツのボンまで車で送ってもらうことになっておりました。
(現地の人には、「えっ!ここからボンまでこの後行くのかい?!」と言われましたが・・・

この日はマーストリヒトでも朝から冷たい雨が降っていて、目的地シプリーに到着する頃には8mm~1cm位の大きさの雹(雹は「hail:ヘイル」と言います)がガンガン降り始めました。

私たちは洞窟の中に2時間くらいいたので、ちょうどよかったのですが。
その後、このフィールドワークの参加者の方々と昼食を取り、ボンへ向けて出発。

が、ハイウェイでベルギーを抜けるまでがかなり混んでいて時間がかかってしまい、15:30頃出発したのに到着したのは19時過ぎ・・・。
ドイツのアォトーバーンを時速140kmでとばしたんですけれどね・・・

この日はもう遅いので、本格的に始動を始めたのは今日(5月17日(木)からです。

昨夜も雨でしたが、今日も朝から降ったりやんだり。
仕方がないので、雨が降り始めたらデパートや本屋さんに入ったりして時間を潰し、晴れ間が出たときに外に出て散策しました。

お花屋さんで売られていたお花がカナダ(のアルバータ州)と比べて種類が多くお値段も安いのが本当に羨ましくて、
P1100826_convert_20120518060613.jpg

悩んだ末に3.5ユーロのピンクのラナンキュラスの花束を買ってしまいました。

実は、午前中に入ったデパートで0.5リットルのガラスのピッチャーを買おうかどうか迷っていました。
というのも、カナダ(少なくともアルバータ州)では0.5lリットルや1リットルの小さめガラスピッチャーは見たことがなく、すごく大きくてしかもガラスも厚くてゴツイんです。。。

私は一人か二人用にちょこっとレモネードを作ったりしたいのですが、カナダで買ったピッチャーは大きすぎて使い勝手が悪く、小さいものを探していたのでした。

4.99ユーロとお値段もお安かったので買いたいなと思っていましたけれど、いかんせん割れ物ですから迷って保留にしておりましたが、この花束を活けるのにちょうどいいわ!とひらめき、まずピッチャーを購入してから花束を買ったのでした

P1100831_convert_20120518061010.jpg
白いペーパーもあったのに、淡いピンクのペーパーで包んでくれた花屋のおじさん・・・無愛想だったけど、ちゃんと考えてくれたのかしら?

ボンには日曜まで滞在しますので、まだまだお部屋で楽しむ時間もあるかな?と・・・。
私が花束を選んでいる間にも、老若男女が次々と花束を買っていきました。

これまで訪れた教会にもすべてあちこちに生花の結構大きなアレンジメントが飾ってありましたし、ヨーロッパでは生花は日々の生活と切っても切り離せない存在なのでしょうね。

私もそうしたいですが、アルバータ州では残念ながら無理そうです(涙)。

ところで、ボンは学生時代に最初に来たときから数えて今回で3回目。
「ベートーベンの生家」にもすでに行っていますので、明日以降どこを見ようかな?と思案中です。


旅先ではお写真がたくさん掲載できないのが恐縮ですが、ヨーロッパ旅行中のブログの記事を楽しみにして下さる方がいらっしゃいましたら、是非下記の「アンティーク雑貨」のボタンをポチッと押して、励ましのクリックをいただけますと大変嬉しいです↓。
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
皆様のクリックが、いつも記事を書く大きな励みとなっております。
ありがとうございます!

┃ テーマ:**暮らしを楽しむ** ━ ジャンル:ライフ

┗ Comment:0 ━ 00:23:17 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。