== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== お知らせ ==

アメリカへ行ってきます

こんにちは。

今週は結構晴天が続き、珍しく今日は気温が15℃あるのでかなり(?)暖かいです

さて、来週のことなのですが、こちらの時間で11月8日(月)と9日(火)に1泊2日の強行軍でアメリカへ行ってくることになりました。

観光などという楽しいものではなく、約2年前の昨年1月(つまり2009年1月)に申請してからずっと待っていたカナダの「永住権」がようやく最終段階にきたため、それを即日発行してもらうためです。

というわけで、日本時間で11月8日(月)~10日(水)にかけてお休みさせていただきますので、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします


通常、出るまでに1年半ほどかかると言われているカナダの永住権ですが(それでも時間かかり過ぎと思いますが^^;)、今回は1年10ヶ月かかっております・・・さすがカナダです

最終的にパスポートを提出しなければならないのですが、その方法として2つ選択肢がありまして、
(A)パスポートと必要書類を郵送する
   (→ 手元に戻ってくるまでに1ヶ月くらいはかかる)
(B)パスポートと必要書類を持って、カナダに一番近いアメリカのカナダ総領事館に出向き、直接手渡す(→ 即日発行)
なのです。

でも、(A)の場合、途中で紛失しても責任は取ってもらえませんし(カナダポストは大いにあり得るから気を付けた方がいい!とカナダ人に言われました)、私は12月初旬に一時的に里帰り帰国をしますので、パスポートが間に合わなかったら悲劇ですよね。。。

これはやばい!というわけで、夫と二人でアメリカのカナダ総領事館に出向いてさっさと手続きを終わらせる方を選んだのです。

今回は二人分のフライトとホテル1泊分はすべてマイレージでカバーできましたので、そういう意味では多額のお金を支払ったわけではないのですが、結構ハードスケジュールです

火曜日と木曜日しか受け付けていないので、月曜日の夜に現地に着いて翌朝カナダ総領事館へ出向くのですが、その日の夕方のフライトを取っているので、万が一何かのトラブルで手続きが終わらなかったらどうしましょう~

と、結構ドキドキしています。


昨夕は、
この手続きに必要な顔写真3枚を撮ってもらうためにフォトスタジオに出向いたのですが、規定が結構細かいので何度も印刷して物差しでミリ単位で測ってみては撮り直してもらい、1時間くらいかかりました~。
(スタッフの若い女性は、カナダ人にしてはとても珍しく、粘り強くいろいろ細かいことを確認しながら頑張ってくれました。ありがとう)

直接出向くので、万が一「顔の大きさが1mm足りないからダメ」なんて言われたらたまりませんもの。

カナダという国は、基本的に仕事ぶりは相当アバウトでいい加減なのですが、顧客にはやけに細かいことを求めて手間ひまをかけさせるのです。。。
(つまり、カスタマーにめいっぱい苦労させて、サービスを提供する側は楽をしているわけですね・・・(涙))


観光するだけでは見えないことも、実際に住んでみて初めてわかることがいっぱいあります
本当は恐ろしいカナダの話」を執筆しようかしら。。。

┗ Comment:2 ━ 11:43:29 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

No title
こんにちは!
本当に住んでみないと分からない事ってたくさんあるんですね。
そう思うと、日本は「お客様は神様」の精神がずっと根づいていて、
そういう点ではとても心地よい国ですよね。
永住権申請手続き、問題なく終わりますようお祈りしてます。
それと「本当は恐ろしいカナダの話」ぜひ書いて下さい(^^)

2つ前の記事に書かれていた「アンティークモールに出かける人はお年寄りばかり」のお話、面白かったです(*^^)v
日本はどうなんでしょう・・・アンティークにハマるのは、精神的に余裕のできる?中高年以降なのかなと思ったりします。実際私もしっかり中年ですが(^_^;)

実は今日これから横浜の骨董祭りに出かけてきますので、しっかり客層もチェックしてきますね!
Re: No title
>Keity様

ありがとうございます。
月曜日の朝は午前4時半起きです(汗)。
頑張ります。

横浜骨董祭りですか?
楽しそうですね!
私は日本の骨董祭は行ったことがありませんので、興味があります。
客層のレポートもお待ちしております(^^)。
素敵なものが見つかるといいですね!





        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。