== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== アンティークなひとりごと ==

日本の骨董祭

こんにちは
今日は朝からいいお天気です。

昨日はバタバタして記事を書けませんでしたが、コメントをくださった方がいらっしゃいましたので(ありがとうございました~!)、それに関連して以前からちょっと疑問に思っていたことなどについて、書こうと思います。。。


私は日本の骨董祭は以前から興味があったものの、日本に住んでいたころには地方在住でしたし仕事をしておりましたので、年に2回の「骨董ジャンボリー」などがどうしても予定的に合わず、海外移住してからも帰国の日程と合わず、結局(それ以外の骨董祭も含めて)日本の骨董祭関係に行ったことはありません。

でも、和洋たくさんのお店が出店なさるのでしょうから、いつかは是非行ってみたいと思っております!

さて、こちらに移住してからは、アンティーク・フェアの情報をあるカナダ人のアンティーク好きのご夫婦(60少し前くらい)に教えていただいて以来、いつどこでアンティーク・フェアが開催されているかを常にチェックし、出かけて行っています。

私の感覚では、こういうアンティーク・フェアというのは直接ストールの方とお話できますので、お値段も交渉次第でお安くしてもらえるものかな?と思っていました。
お安いお品は安くしてもらえないことも多いですが、5月にはカップ&ソーサー1客のみ購入したときにも少し安くして下さいました。

でもでも。
実際はどうなのでしょう~?
私は値切らない文化で育ちましたので付けてあるお値段で買うことに慣れておりまして、また性格上押しも強くありませんので、お値段の交渉は正直言いまして苦手なのです(^^;;;。
一方、関西育ちのある友人から「電化製品の大型店などでも値切るよ~!」と聞いたことがあり、ビックリすると同時に尊敬(笑)したことを覚えています。

お話をもとに戻しますと、私がこちらで行ったアンティークフェアでは、「少しお安くしていただけませんか?」とにっこりお願いしたらお安くしてくれる業者さんとそうでない業者さん両方を経験しました。
それは、単に私の値切り下手のせいなのか、それとも、そういうものなのか・・・。


日本の骨董祭では、どうなのでしょうか。
付けられている価格からお値引きしていただけることは多いですか???

私はこれまで、アンティークフェアのようなイベントは、「交渉しながらお買い物をする(つまり、売る側もお値引きすることも考えて売っている)場で、買い手側も交渉次第でお買い得に買い物ができるイベント」だとばかり思っていました。
でも、もしかしたら本当はそうではなくて、「たくさんのストールが一度に会する(つまり多くのお店とたくさんの商品を一度に見ることができる)こと自体に価値があるだけで、実際には価格的にも特別リーズナブルではなく、お値引きもさほどないイベント」なのかしら?と最近ふと思った次第です。

皆さんはどう思われますか???
日本の骨董祭ではどうなのでしょうか(とっても興味があります♪)。
是非体験談などお聞かせいただけますと嬉しいです

ちなみに、少なくとも私がよく行くこちらのアンティークモールは、たくさんのブースが入っていてもお会計は1カ所でまとめて行うかたちですので、つけてあるお値段からのお値引きはできません。
(お会計のところにそう書いてあります



┗ Comment:0 ━ 14:13:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。