== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== アンティークなひとりごと ==

リモージュに似合うお菓子

リモージュのアビランドは、転写シールを用いてたくさんの食器を製造しました。

転写はハンドペイント(手描き)と比較しますと、大量生産型というのは否めない事実で、手描きのものよりどうしても評価は下になってしまいます。


でも、アビランドのものは、転写シールとは言っても本当に非常にたくさんのパターンがあり、また、小さくて細やかな柄やソフトで控えめな色遣いなどは、古来より自然に咲く小さな野の花を愛でる心のあった日本人にとって心惹かれる要素がおおいにあると感じています。


はっきりした色調に金彩の組み合わせの英国のアンティークカップも凛としていて私は大好きですが、フランスのリモージュ焼も、ふんわりとした色調(そうでないものもありますがそれはそれで素敵♪)や「可憐」という形容がぴったりのパターン(柄)がとても好きです。


DSC_0247(S) copy2
(画像をクリックすると拡大します)


こちらは、テオドール・アビランドのお品です。

柄はピンクの小さな薔薇にペールブルーのスクロールの組み合わせ、カップとソーサーにはダブルゴールドが施され、可憐な雰囲気のなかにも華やかさを添えています。

カップにはドットのエンボスがあり、素敵です。。。

お写真はカップ&ソーサーですが、デザートをいただくのにちょうどよいサイドプレートもあります。



このようなリモージュの食器には、どのようなお菓子が似合うのでしょう。。。

もちろん、どのようなお菓子を合わせるのも使う方の自由なのですが、私だったら、色と味の濃すぎないものを乗せるかしら・・・。

淡くて可憐な雰囲気の食器なので、チョコレートケーキのようなタイプではなく、フルーツ系のムースやクラフティ、軽やかなクッキーなどを乗せると、この可憐な雰囲気が引き立つような気がします


皆さんはどう思われますか。。。?
素敵なアイディアがあったら、是非教えてくださいね



*こちらのお品はショップで販売予定です
┗ Comment:0 ━ 13:25:46 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。